Keep the beat!

強き心 強き願い 重なる時 無敵になる

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二通りの結末

2007.07.24
東映の電王サイトに藤林聖子さんの歌詞は先の展開がわかっているかのようで驚かされるという話が書かれています。
実際「仮面ライダー響鬼」の放送が始まった頃に主題歌「少年よ」の歌詞にある「誰にも出来ないこと見つけ出せ」「誰でもない自分の生き方で」という言葉から明日夢は一度はヒビキに弟子入りするが結局は他に進みたい道を見つけて弟子をやめるという結末を予想したのですが終盤の展開はまさにその通りになったのでした。

ところが「仮面ライダー響鬼の事情」の178ページや276~7ページによると企画段階で想定されていた最終回はヒビキが倒れ残された音叉を手にした明日夢が初めて変身する瞬間で終わるというものだったそうなのです。(明日夢役の栩原楽人くんの理想と同じ!)

一見すると正反対のようですが、どちらも明日夢がヒビキとの出会いと別れを通して自立するという点で「事情」の74~75ページにあるジュブナイルの典型パターンには当てはまっているんですよね。

そういえば雑誌の載っていた細川茂樹さんのインタビューによると栩原くんに「ヒビキと明日夢は最後にどうなると思う?」と訊いたら「離れるんじゃないですか?」という答えが返ってきてショックだったそうで(笑)やっぱり栩原くんの方が思い入れとは別に客観的に分析してたんですねえ。

関連エントリー
 響鬼想孝・明日なる夢
 最終之巻の台本が…
 写真集「輝」
スポンサーサイト
CATEGORY : ヒビキ関連 TB : (0)

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kbeat.blog18.fc2.com/tb.php/145-a1377e55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

K-beat

  • Author:K-beat
  • 1960年代に愛知県内に発生、現在も生息中
    ストリップも子供向けヒーロー番組も同じエンターテイメントとして楽しんでいる
    継ぐのは魂!BBS

ブログ内検索

最近の記事
全ての記事を表示する
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。