Keep the beat!

強き心 強き願い 重なる時 無敵になる

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響鬼想孝・目醒める師弟

2005.11.29
初めてヒビキが携帯電話を持っていないという設定がストーリー上で意味のある形で使われた。
初めて地下室の古文書が魔化魍を退治するための手掛かりになった。

そんな仮面ライダー響鬼四十一之巻。


あきら
シュキの件で憎しみの先にある悲しみを知った。しかし憎しみを捨てる事は鬼になる目的を失うこと。鬼になるのを辞めればイブキの元で修行した月日を否定する事になる。
彼女の選択は憎しみという負の感情ではなく憧れという正の感情で鬼になる事を望んでいる少年達に後を託す事だった。
その思いは今まで弟子取りから逃げてきたヒビキをも動かした。

京介
トラックから子供を救ったのは鬼になるに相応しい人間でありたいという気持ちからだろう。確実に彼の中で何かが変わっているのだ。けして「変わったような気がする」だけではなく、ね。

明日夢
以前の彼ならヒビキに諭された時点で立ち止まってしまったのではないだろうか。京介に引っ張られる形にしなければ余りに唐突に変わった印象になっただろう。

弟子入り宣言から今回のラストでヒビキに口添えしてくれたあきらとイブキに一礼する所まで先に行動を起こすのは常に京介なのに、いざ魔化魍を目前にすると明日夢の方が素早く反応するというバランスが絶妙だ。

ヒビキ
弟子取りの話題が出る度にはぐらかすようの事を言い続けてきたが遂に観念した。
しかし今回の「弟子にするから高校生活に戻れ」にしろ二十三之巻でのトドロキへの太鼓指導にしろ、どうも指導者としての資質には疑問を感じざるを得ないのだが…。

オロチ
どうも魔化魍の種類ではなく「現象」を指す言葉とも思えるような使い方がされているが…。
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー響鬼 - ジャンル:テレビ・ラジオ

CATEGORY : ヒビキ関連 TB : (5) CM : (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kbeat.blog18.fc2.com/tb.php/30-53cc05d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

響鬼四十一之巻・目醒める師弟

明日夢と京介の前に、偶然にも烈雷が…。重そうに持ち上げる明日夢に、手を貸す京介。正反対の二人が次第に心通わしていく展開は見ていて楽しい。いっそ、友情のバロムクロスで鬼 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)【2005/11/30 18:56】

仮面ライダー響鬼 四十一之巻「目醒める師弟」

 ……絶対に削って欲しくないエピソードにして、いっちゃんクライマックスで見たかったモチーフが、あっさりと今週1話で消化されてしまいましたとさ。orz このエピソードが削られなかったこと自体はとりあえずいいことですよ。その直前の、あきらが出した「鬼にならない Old Dancer's BLOG【2005/11/30 19:54】

仮面ライダー響鬼(05.11.27)

= 祝!明日夢くん&桐矢くん弟子入り =な今週の仮面ライダー響鬼({{{「'''四十一之巻 目醒める師弟'''」}}})です。いやあ、長~い中盤もこれでようやく〆という感じですかね。ここで云う中盤とは、三十之巻(鍛える予感)から始まったいわゆる第 日記著者のアジト【2005/11/30 22:09】

~響鬼 四十一之巻 「目醒める師弟」~

アバンあきら変身しかし顔見えず。動きは女性っぽかったっけどな。(アクターさんは男性だろうが)弾鬼とか鋭鬼とかのスーツなのかしら?裸・・・キタ~!もう少しカメラ 駄文とか駄文とか駄文とか【2005/11/30 23:41】

仮面ライダー響鬼 四十一之巻

 ううむ、そうきたか。ある意味、今までの展開の集大成、ターニングポイントとも言える話だったと思う。三十之巻以降の路線変更より、響鬼はもうダメかも…という気持ちがよ UNS digital【2005/11/30 23:58】
プロフィール

K-beat

  • Author:K-beat
  • 1960年代に愛知県内に発生、現在も生息中
    ストリップも子供向けヒーロー番組も同じエンターテイメントとして楽しんでいる
    継ぐのは魂!BBS

ブログ内検索

最近の記事
全ての記事を表示する
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。